2017年第69回全国理容競技大会結果

全国理容競技大会 2017結果

 

全国理容競技大会 2017

 

2017年10月16日(月)、『紀の国未来への伝承匠の技』をスローガンに、第69回全国理容競技大会が和歌山ビッグホエールで開催されました。

 

全国大会実行委員の皆様には大変お世話になり、大会が無事成功裏に収められました事を心より感謝申し上げます。
選手の皆様には日頃より研鑽された技術をいかんなく発揮され、組合員の期待に応えるべく、奮闘していただき、その姿に感銘を受けました。 本当にお疲れ様でした。

 

昨今、組合員が減少し大会の開催が困難になりつつありますが、技術の研鑽は理容師の根幹であります。今後も組合員の皆様には後継者育成にお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

 

全国理容競技大会 2017の結果です。

競技種目

【第1部門】 クラシカルカット・ファッションカテゴリー(人間モデル)
クラシカルなカット技術とファッション性を感じさせるデザインで構成されたヘアスタイル。

 

【第2部門】 レディスカット・パーマスタイル(人間モデル)(マネキン)
女性らしい美しさを表現したカット技術とパーマを活かしたデザイン性のあるヘアスタイル。

 

【第3部門】全理連ニューヘア『NEW HAIR gain-G』(人間モデル)
洗練されたスーツスタイルで、上質さを感じさせる大人のパーマスタイル。クラシカルなカットとパーマの構成で清潔感、オシャレ感、こなれ感を合わせ持ったヘアスタイル。

 

【マスタースタイリスト部門】吉宗大賞(マネキン)
ヘアスタイルはメンズ・レディス問わず自由。

 

ランキング

▼第1部門 クラシカルカット・ファッションカテゴリー▼

全国理容競技大会 2017の1部

優 勝 むたぐちももこ 福岡県
第2位 むたぐちのりゆき 福岡県
第3位 伊藤 雄介 北海道
敢闘賞 小島 広大 広島県
敢闘賞 田山 準一 茨城県
敢闘賞 石原 寛太 千葉県
敢闘賞 小針 光功 東京都
敢闘賞 花本 真也 広島県

全国理容競技大会 2017の1部敢闘賞

 

 

▼第2部門 レディスカット・パーマスタイル(マネキンモデル)▼

全国理容競技大会 2017の2部マネキン

優 勝 鷲野倫太郎 福井県
第2位 古鷹 美希 愛知県
第3位 片桐亜希子 長野県

 

 

▼第2部門 レディスカット・パーマスタイル(人間モデル)▼

全国理容競技大会 2017の2部人間モデル

優 勝 後藤 理恵 大分県
第2位 藤田 大祐 北海道
第3位 鶴見健太郎 東京都
敢闘賞 森 健太郎 東京都
敢闘賞 小田嶋直美 秋田県
敢闘賞 川上 美紀 長崎県
敢闘賞 斎藤 晃貴 神奈川県
敢闘賞 川岸 正吉 東京都

全国理容競技大会 2017の2部敢闘賞

 

 

▼第3部門 全理連ニューヘア『NEW HAIR gain-G』▼

全国理容競技大会 2017の3部

優 勝 吉田 和生 熊本県
第2位 松居 篤 京都府
第3位 永井 哲雄 群馬県
敢闘賞 加藤 尚生 埼玉県
敢闘賞 梅本 崇司 和歌山県
敢闘賞 松信 利治 東京都
敢闘賞 瀧代 正男 北海道
敢闘賞 内田 健人 東京都

全国理容競技大会 2017の3部敢闘賞

 

 

▼マスタースタイリスト部門(吉宗大賞)▼

全国理容競技大会 2017吉宗大賞

優 勝 大森 隆司 京都府
第2位 原田 昌司 鹿児島県
第3位 安藤 重一 福島県
敢闘賞 小笹 栄治 広島県
敢闘賞 下井 英和 和歌山県
敢闘賞 田中 達郎 埼玉県

全国理容競技大会 2017吉宗大賞敢闘賞

 

内閣総理大臣賞

第1部門
クラシカルカット・ファッションカテゴリー 
優 勝
むたぐちももこ(福岡県)

 

第2部門
レディスカット・パーマスタイル(人間モデル) 
優 勝
後藤 理恵(大分県)

経済産業大臣賞

第3部門
NEW HAIR gain-G 
優 勝
吉田 和生(熊本県)

全国理容競技大会 2017内閣総理大臣賞

自民党幹事長賞

第1部門
クラシカルカット・ファッションカテゴリー 
優 勝
むたぐちももこ(福岡県)

 

第2部門
レディスカット・パーマスタイル(人間モデル) 
優 勝
後藤 理恵(大分県)

 

第3部門
NEW HAIR gain-G 
優 勝
吉田 和生(熊本県)

▼理容2017メッセージ▼

全国理容競技大会理容2017メッセージ

優 勝 瀬川 香織 東北協議会・岩手県
第2位 糸田 泰典 近畿協議会・和歌山県
第3位 佐藤 克也 九州協議会・鹿児島県